CINEMATOTOTSUKA #3 

「シネマトトツカ#3 「おぶせびと」上映会」

街づくりについてのワークショップも開催!!

2019/11/15(Fri)  時間:19:00~20:00まで

​開場:18:50 上映19:00〜 作品:23分

場所:こまちカフェ ※戸塚駅より徒歩約5分 https://comachicafe.com/

​住所:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町145−6 奈良ビル 2F

参加費:大人¥1,000(中学生〜大人) 子供¥0(3歳〜小学生) 本イベントは20名限定です。 

作品情報

人口1万人の町に年間100万人が訪れる長野県の市町村で最も面積の小さな町、小布施町。この町のまちづくりは約40年前から始まりました。このフィルムは魅力的な町の住民である「おぶせびと」にフォーカスしたドキュメンタリーです。 彼らの生き様は、日本のみならず世界のまちづくりのヒントになるかもしれません。

​『おぶせびと』 作品情報ページ https://www.facebook.com/obusebito/

作品情報

止まらない人口減少社会、地方の存続をかけた「まちづくり」が問われている今、小布施町のまちづくりはなぜ成功したのでしょうか。

ドキュメンタリー映画「おぶせびと」は40年以上まちづくりを続けて来た小布施町の人たちの強さ、ひたむきさを数ヶ月による取材と撮影を行ない、まちづくりを担う7人にフォーカスした短編ドキュメンタリーです。 彼らの生き様は、日本のみならず世界中のまちづくりのヒントになるかもしれません。

長野県小布施町について

人口約1万人の町に年間100万人以上が訪れる奇跡の町、長野県で最も面積の小さなこの町は、かつては過疎に悩む寒村でした。

今から約40年前に、住民たち自身が楽しめる居心地良い空間、自慢できる町をつくる、というコンセプトにまちづくりが始まり、その結果、かつての寒村は観光の町に変貌を遂げ、年間100万人以上が訪れるまでになりました。

© Cinematototsuka