-共存共栄の輪を戸塚で広げる人-

石黒 芳樹さん 

とつか楽しい地域づくりCrew 世話人代表

 

様々な肩書きを持つ石黒さん。

多すぎて全ては書きませんがSDGsの考えを広め、多くの人との共存共栄の輪を広げる方にシネマなインタビューを行いました!!

・出身地/年齢/ご職業を教えて下さい。

 出身地は横浜市磯子区です。49才、職業は会社員をしてます。

・戸塚に感じる魅力や面白さは何でしょうか?

 戸塚には様々な人が住んでいますが、「地元愛」に満ちた人が多くて素敵です。

・ご職業や活動に行う中で、大切にしている想いを教えて下さい。

 向こう三軒両隣を大切にすることです。

・上記の質問で語って頂いた想いに至った経緯や体験を教えてください。

 戸塚区地域づくり大学校OBメンバーと企画したSDGs基礎講座がとても良かった。

戸塚区地域づくり大学校は、戸塚区役所、戸塚区社会福祉協議会、NPOくみんネットワークとつかが行っている市民講座です。 この講座を通じてできた仲間が、講座卒業後もつながりを持てるようにということで、OB会が立ち上がりました。 この中で、年に4回情報誌を発行したり、戸塚のまち歩きをしたりしています。 私は、OB会の世話人代表をしています。 SDGs基礎講座は、とつか区民活動センターと一緒に企画をした講座で、今年の2月に40人ほど人が集まり実施した講座になります。

・好きな映画作品を1作品教えてください!

 Footlooseです。

・その作品を見て感動した体験を教えてください!

 伝統的、保守的な学校に転校してきたレン(ケビン・ベーコン)が

みんなを巻き込んで学校を変えていき、ついにはこれまでご法度とされていた

卒業ダンスパーティーを成し遂げたパワーに感動しました。

映画から受けた感動やインスピレーションによって自身の活動に

 影響を与えていることなど教えてください。

 上記のように、「自分もやってみればできるんだ!」という勇気をくれる

 ところです。

昨今からよく耳にするSDGsという言葉、みなさんご存知ですか?

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

上記のような話を聞くと少し難しそうな話ですが、簡単に言うと、みんなで困っている助け合いながら笑いあえる社会を

築いていきましょうという考え方です。企業だけではなく困っている人を皆の力で助け合う事は地域ごとに浸透しいく事が

大切です。​その考え方を自身の活動を通して、普及しようとする石黒さん、今後のさらなる活動が楽しみです!

とつか楽しい地域づくりCrew:https://www.facebook.com/totsukacrew/

石黒 芳樹さん:https://www.facebook.com/greatpowerman

© Cinematototsuka