今回のブログはクルマと映画で記憶をたどる。

​シネマトトツカ スタッフブログ# 8

皆様こんにちは。シネマトトツカの濱野です。コロナ禍での生活にあっては、以前よりも車で移動する機会が大幅に増えました。愛車の走行距離もぐんぐん伸びています。車を使う上で戸塚に住んでいて便利だなーと思うのが、横浜新道です。

第三京浜との併用で、体感的には都内までひとっ走りです!

実家への帰省やら、買い物やら、ちょっとした用事にも重宝しています。この横浜新道、面白いのが端々に古き良き昭和のおおらかさ(?)が漂うところ。上り線の戸塚パーキングは敷地から横道が伸びていてするっと外に抜けられますし、保土ケ谷区の峰岡ICに至っては、いきなり住宅街に弾き出されようでワープ感が半端ないです。くれぐれもスピードの出し過ぎにはご注意下さい。

ところで車って、映画とは切っても切れない印象的な小道具ですよね。

私は『アメリカン・グラフィティ』が好きです。

ポール・ル・マット演ずるジョン・ミルナーの愛車、黄色いフォードデュースクーペが、とにかく格好良いです。初めて見たのは高2の時だったと記憶しています。

当時進路に悩んでいた私には、劇中の若者たちの魅せる青春劇に大いに共感したものです。

車関係の話題ばかりでしたが、鉄道旅が恋しくなる今日この頃。

気軽に鉄道旅を楽しめる日はもうすぐそこまで来ているのでしょうか?

シネマトトツカ 濱野 昌俊

© Cinematototsuka